ペットの行動クリニックへようこそ。

はじめまして。

 

ドイツのミュンヘンにて小動物(犬・猫・ウサギ・鳥など)の問題行動治療を専門分野とする獣医師です。

 

欧米では、一般に言われる『ペットの問題行動』が原因でペットが捨てられたり、安楽死の原因となることがあると認識されるようになり、動物愛護の視点からも、1980年代頃より問題行動の予防や治療などが積極的に進められるようになりました。そして、問題行動の認識不足、誤った情報や対処法などが状態をさらに悪化させていることが明らかとなり、最近はドイツでも、行動治療の専門資格を取得した獣医師が問題行動のカウンセリングに力を注いでいます。

 

人間と同じく動物でも「心」「身体」は密接な関係にあり、互いに影響を及ぼし合っていることがわかっています。そして、心の病気」身体疾患」は、もの言えぬ動物たちの場合、行動の変化としてあらわれます。それに最初に気づいてあげられるのは、飼い主さんです。しかし、ペットがなぜそのような(飼い主を困らせるような)行動をとるのかがわからずに、途方に暮れる飼い主さんも少なくありません。そんなとき、獣医師の立場から、身体的疾患も含めたさまざまな状況を考慮し、ペットがなぜそのような行動をとるのか、その心理・原因を探り飼い主さんに正しく理解・改善していただけるようにアドバイスするのが、行動治療専門獣医師の仕事です。 

 

ペット健全で幸せな絆を築いていただけるように努力していきたいと思っています。また、日本からドイツへペットを連れて来られる 飼い主の皆様の不安を少しでも解消し、ペットと幸せに暮らせるようサポートすることができれば、と思っております。

 

ペット行動クリニック